【社員紹介】恥めまして。Vol.2

お待たせいたしました!『恥めまして。』第二弾です!
今回は編集部から、かねこさんといしいさんをお呼びしました!

お二人は前職も一緒で、お付き合いが長いぶん、お互いのことをよく知っているはず。
ですが、、?

かねこさん(以下K):(『恥めまして。』のルールを確認して)ああ、あれかあ!

いしいさん(以下I):話をつくるやつだよね?

K:恥ずかしいエピソードか、、。

I:かねこさんの知らない、恥ずかしいエピソードってことは俺が社会人になる前になるなあ(笑)

K:あーそだね(笑)俺たち20代からずっと知ってるもんね。

I:かねこさんは出会ったころから変わってないです(笑)10年前から変わってない(笑)

K:でもそれ以前のことはお互い知らないもんね(笑)

―ここで「恥めまして。」の進め方の確認です!-

①二人組をつくる。
②相手に話したことのない自分の後ろめたい部分、失敗談、または恥ずかしい経験をひとつ思い浮かべる。
③本当の経験に加え、恥ずかしいエピソードの作り話を二つ考える。
④3つのエピソードを紙にかく。
⑤どれが本当の恥ずかしい話か、相手に当ててもらう。

K:何にも思い浮かばないよ~(笑)俺全部忘れちゃうんだよね~

I:ホントのエピソードはあるんだけど、ニセ回答が難しいなー(笑)

―5分後-

K:え、もう書いた?!

I:いや、ちょっとこれ、変えるかも、、(笑)

K:むっずいなーこれ(笑)でもこういうの良い脳トレだよね。(笑)

-10分後-
かねこさんの「恥めまして。」

次の3つの中でかねこさんの本当のエピソードはどれか、皆さんも考えてみてください!

①小学校は友達がいなくて、校庭の山のトンネルで一人で遊んでいた

②中学時代は友達がいなくて弟の友達の輪に混ぜてもらっていた

③高校時代は友達がいなくて放課後の学校を散歩するのが趣味だった

I:共通して友達いない、っていう(笑)

K:そう(笑)

I:かねこさんが友達がいなかったってことだけは分かった(笑)③番の、散歩ってのは校庭を歩いてたってことですか?

K:うーんと、校舎の中っていうか古墳があるんすよね、校内に。

I:へー(笑)!

K:山があるんすよ。なんか日本に二つくらしかないんだって、学校の中に古墳があるのって。

I:そうなんすか!これ作り話だったらこわいな(笑)

K:なんか誰もいなくなった学校の中を歩いてると居心地よかったんだよね。

ここで、質問は2つだけOK!という新ルールを導入!!!

I:じゃあ質問いいすか?②番の弟の友達、ってどういう遊びをしてたんですか?

K:これは、弟の友達んちに行って、誰かがゲームやってるのを一緒にみるっていう。RPGとかだったと思うんだけど。自分の家にゲームがなくて、弟の友達んちに行ってた。(笑)

I:自分もそんなことやってたなあ(笑)んーあり得るなあ!これも。ちなみに弟はいくつ下なんすか?

K:6つ下。

I:結構離れてるな(笑)でも歳が嘘な可能性もあるからなあ、、(笑)えー難しい、、。

K:ちなみに山の話でいうと、小学校にもコンクリートの山があって、その上に鉄棒とかあって。今思ったら結構危ないけど。でもそこからの景色がすんごい綺麗で。

I:なんか聞いてないのに話してきた、こえーな(笑)

K:(笑)確かに(笑)勝手にしゃべっちゃった。

I:どれがホントで嘘かわかんないけど、結果、何話されてもリアルで怖い、っていう(笑)

K:さてどれでしょう!

I:これ読めねえなあ~。んーじゃあ、、②番で!

K:②番はね、、、ブブー!違います!

I:え、じゃあ③??かな?でも③は日本で二箇所しかないってのを付けてきたあたりが、なんか、一周裏をかいて嘘なのかな、と。

K:裏の裏を読もうとしてわけわかんなくなってるじゃん(笑)

I:そう(笑)

K:本当のところはね、、、③番です。

I:あーーそうかあ。やられた!

K:ギャルとギャル男しかいなかったの。全然馴染めなかったんだよね(笑)クソつまらん!と思って(笑)ずっとね、本読んだりしてた。俺高校ね、黒歴史なのよ(笑)俺の中で。

I:黒歴史(笑)かねこさんらしいエピソード何かないの?(笑)

K:だからさ、そいつらのノリに合わせようとして、罰ゲームで上半身裸でクラスに飛び込んだり。二度とやりたくねーな(笑)

I:そのノリはきついっすね(笑)

続いて、いしいさんの「恥めまして。」

次の3つの中から1つだけいしいさんのホントのエピソードがあります。

①小学校のとき、がけから落ちて複雑骨折をした

②子役でCMにソロ出演した

③学校帰りにスナックに入り浸っていた

I:全部わんぱくだった頃のエピソードになってます。

K:ちっちゃい頃のね。え、子役って、どゆこと?(笑)

I:あー(笑)子役活動してたんすよ。テレビとかちょっと出てた経歴がありました。

K:やべーな(笑)

I:小さい頃ですけど(笑)

K:③番の、スナックってのは?何?(笑)

I:小学校のとき、ひとりっこで両親共働きだったから学校終わったら暇で。校庭とか山とか外に遊びに行ったりしてたんですけど、商店街とかもよく遊びに行ってました。街の人が面倒みてくれたんですよね。それでちょっとスナックに顔出したり(笑)

K:なるほどね。じゃあ二つ質問していい?

I:尋問はやめてくださいよ!(笑)

K:何のCMだったの?

I:CMはですね、子供服のCMでした。ブランド名はちょっと忘れちゃったんですけど。(笑)保育園のときだったから。

K:あ、そんな前?!(笑)

I:劇団のひまわりってわかります?そこにはいってて。

K:へえー!

I:そこでCMの仕事がはいってきたりするんですよ。

K:なるほど。え、もうひとつ質問ね!がけから落ちたってやつ、ストーリーで語ってもらってもいい?(笑)

I:語るってほどでもないですけど(笑)うち実家が谷底にあるかんじで。100段くらいの階段の上に小学校があって、階段の横が崖になってて、竹林とかあってそこを登ったり下ったりして遊んでたら、結構高いところから落ちて。(笑)地味なんですけど、足の指を骨折しました。

K:えーわっかんないなー(笑)上手いじゃんつくるのー!もうちょっとかずほ(いしいさんの名前)バカなほうが好きだよ(笑)

I:(笑)

K:(無言で考え込む)

I:こんなに真剣に考える人いる?(笑)

K:真剣勝負だから。・・・②番の子役かな?かずほが恥ずかしいって思いそうなの②番だから。

I:鋭いところついてきましたね(笑)正解は、、違います!!

K:適当に書いたの?(笑)

I:半分は正しいこと書いてます。(笑)

K:え、じゃあ、③?

I:正解は、③です!①はまるっきり嘘でした。骨折したことなくて。

K:小学校の立地とかがほんとってことでしょ?

I:そうです。②番は子役やってたけどソロでCMに出たことはない(笑)エキストラとかはあるけど。③番はホントで、よくスナック行ってたんですよ(笑)勝手にスナックはいって水をもらってずっと居座るっていう。(笑)

K:かわいいな(笑)

I:お店の人も、可愛がってはくれたけど、、(笑)

K:困らしてたんだね(笑)

今月の社内の席替えで、デスクが隣になったかねこさんといしいさん。しかも10年以上の付き合いということですが、そんなお二人でも幼い頃の話はしたことがなかったそう。
かねこさんが話してくれたように意外と「黒歴史」なんてものが社会人になってから同僚に話すと、ウケたり、話が弾んだり。

自分がめちゃくちゃ恥ずかしかった、って思うことでも、後々話すと共感してもらえたり親近感を感じてもらったり、良いこともたくさんあるってことですね。恥ずかしい経験をして、それを笑いや共感に変えるってすごく大事なことだと思います。

私が入社してから、どんなタイミングに声をかけてもいつも笑顔で対応してくれるかねこさんといしいさん。本当に私にとって優しいお兄さんのような先輩方です。この企画でもそんなお二人の良さが滲み出てました!

クロスメディアポーズ!(笑)

また次回の「恥めまして。」もお楽しみに!CMGの皆さん、いつ当たってもいいように恥ずかしいエピソード、たくさん貯めておいてくださいね(笑)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です