新米広報が聞く!教えてシャチョー!Vol.5

新米広報Lucaです。今日3月9日は『サンキューの日』ということで、
社長の小早川さんに、感謝の気持ちと伝え方について聞いてみようと思います!

*広報Luca*
「今回お聞きしたいのは、小早川さんが普段、感謝の気持ちをどのように表現するよう心がけているのか、また感謝の気持ちをもつ意識はどうされているのか、というところです。
この機会に是非、教えていただければと思います!」

*社長小早川さん*
「私の人生、感謝しまくりされまくりで、社長になってからは一層その傾向が高くなっています。

感謝は、言葉や評価、行動、物、お金など、いろいろな方法で表現でき、適当な感謝をしなければ、相手に感謝と思ってもらえないでしょう。

素直であれば、自然と人に感謝を伝えることができます。そして、人に感謝される人になれます。

感謝上手で損することはないので、みんなが感謝し、感謝される世の中になったらいいですね。」

感謝の気持ちは、遠慮することなく、ありのままに表現していけば良いということですね!

感謝の気持ちを持たない人はいないと思いますが、何かしてもらったことを忘れたり、鈍感になってしまう人は多いと思います。忙しさの中で傲慢になってしまったり、素直さを失ってしまっては、確かに感謝の気持ちも薄れてしまいます。


特に周りの人たちの優しさには鈍感になってしまいがちです。私もいつも優しく丁寧にサポートし、学ばせてくださるクロスメディアの皆さんにもっと「ありがとう」の気持ちをもっていたいです。

そしてそれを伝えること!小早川さんがおっしゃるように、相手や状況に合わせた感謝の表現ができるようになることは、私の広報のお仕事と同じで、その気持ちをより上手に伝える、ということになります。伝え方の工夫ができてはじめて、一流のビジネスパーソンなのでしょうね。

皆さんにとって今、感謝したいことは何ですか?誰にしたいですか?

私は、いつも私のこれからを信じてくださる小早川さんに、感謝の気持ちを伝えたいです。いつも本当に、ありがとうございます。

カテゴリー: CEO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です