【社員紹介】恥めまして。Vol. 5

皆さん、お待たせしました!
今回の『恥めまして。』は編集部トリオ、かわべさん、おおさわさん、あわさんをお招きしましたよ!

普段から何気ない会話で盛り上がってて、私もついつい耳を傾けたくなる、かわべさん、おおさわさん、あわさん。今回どんな恥ずかしいエピソードを語ってくれるのでしょうか?どうぞお楽しみください!

かわべさん(以下K):まじで俺、フリートークできないから。台本ないと喋れない。

あわさん(以下A):これ、フリートークって訳でもないですよ。準備してないすか?(笑)

K:え、待って、これって何だっけ?

A:歴代作品、読んでないんすか?我々、恥をさらすんですよ、これから!(笑)

K:え、どういうこと?

A:恥ずかしいエピソードを話すんです。

K:えーなになに!急には全然思い浮かばない。

A:僕もおおさわさんと考えなきゃな、って話してたのに、ここまで来てしまった・・・(笑)おおさわさんが来るまでに考えましょう!

*ではここで「恥めまして。」の進め方を確認!*

①相手に話したことのない、自分の恥ずかしい話(失敗談や苦い経験)を一つ思い浮かべる。

②作り話の恥ずかしいエピソードも一つ考える。(今回は3人(この後、おおさわさんも参加!)なので1人2択で進めます!)

③2つのエピソードを話し、どちらが本当の話か、他のメンバーに当ててもらう。

※質問は1人の人に対して、2回だけできます!

*5分後*

K:あー難しい。わかんない。

A:恥ずかしい、と感じなくなってるが故に難しいってことですか?

K:どういうことだよそれ(笑)

A:羞恥心がないっていう・・・(笑)

K:羞恥心はあるわ!(笑)なんだそれ。そんなわけねーだろ!(笑)恥ずかしいことなんていっぱいあるじゃん。

A:ここに呼ばれてる時点で、もうすでに恥ずかしい・・・(笑)

K:俺、基本ボケだからさ、恥ずかしいことに喜びを感じたりするんだよ。(笑)恥ずかしいことして、注目されることが好きだから、恥ずかしいと思ってないんだよね。(笑)

*5分後*

A:おおさわさん来ないっすね。分かってて遅れてるとか?(笑)エピソード考えてるんですかね?

K:えーいまだにわかんない。自分のエピソードトークって全く思い浮かばないんだよね。

A:わかります。人に話すまでもないみたいな・・・

K:そうそうそう!恥ずかしい話・・・んー。ああ・・・あった!あったわ(笑)バイトネタにしよう。

・・・ガチャ。

おおさわさん(以下O):すんません!遅れました。

K:やっと来たよ。エピソード考えてたの?

O:や、ミーティング長引いて。すみません!

A:エピソードは、考えとかないとダメっすよ。

O:嘘のエピソードがいるんすよね?なんとなく、もうありますよ。

K:余裕だな、こいつ(笑)トークの達人だ。

O:それだけっす。

K:自分大好きだな(笑)気持ちわりぃなー(笑)

O:なんでそんな結論になるんすか(笑)結論おかしいっすよ。(笑)

K:自分に興味ないから、全然ネタ出てこなくて困ってるのに(笑)

A:そうっすよね。僕も川辺一門として、同じく。

*5分後*

A:自信満々のおおさわさんからでいいんじゃないすか?

O:え、じゃあいきますよ。

K:・・・嘘つけお前。

O:まだ何も言ってませんけど。(笑)ひとつめ、いきますよ。下駄を履いて、小学校に登校していた。

K:嘘つけよ、そんなの、絶対作ってんじゃん!

O:ふたつめが、110キロまで体重があった。

K:・・・えーー?(笑)

A:それはー・・・(笑)

K:うん、ありえない。じゃあもう、下駄じゃん?

A:110キロは確かに・・・ないっすよ。

K:173?くらいでしょ?身長。

O:詳しいっすね(笑)

K:そんなもんでしょ?

O:あってます(笑)

K:どう考えても110キロはありえないじゃん。なんで下駄履いてったの?

O:下駄は、『こち亀』の両さんが便所サンダル履いてたの、覚えてます?あれ、かっけえな、って思って履いてったのが始まりで。学校でちょっとウケて、みたいな流れですね。

K:えーじゃあ、下駄かな。

A:もうひとつ聞いておきます?110キロあったのは、いつぐらいの時ですか?

O:俺、高校でラグビー部だったんだけど、高3の四月に早めに引退して、受験勉強して、浪人して、大学入った四月くらいかな?まあ、四月とか五月くらい?

K:え、今ちなみに何キロなの?

O:今は78くらいっすね。

K:ぜーーったいねえな、110キロ。いくらなんでもそんなに太らないでしょ。うん、下駄エピソードだな。

A:はい、下駄二票で。

O:いいんすか?正解は・・・!110キロでした。

K&A:ええええーーーー?!(笑)

O:5キロ盛っちゃったけど、はい、105キロまでありました。マックス。

K:まって、105?

O:ちょっと盛っちゃいました(笑)

K:なーーんだよ(笑)(笑)

A:ちょっとまあ、四捨五入ってことですか、ね??(笑)

O:演出上いいじゃないですか。(笑)

K:え、でも105キロ?すごいね、それ。

O:XXXLとか履いてましたから。(笑)

K:どうやって痩せたのよ?そこから。

O:バナナダイエットです。半年で35キロ落としました。バナナダイエットでめちゃくちゃ効果出て(笑)服とか全部買い替えました。

K:えー?

O:や、ホントですよ。だってあだ名、ふとし、でしたもん。大学の時。(笑)

A:えーうまいっすね。わかんなかった。普通に騙されました。(笑)

O:それにしても、両さんの下駄のくだり、よく出てきたな、俺。(笑)

K:あわくん、次いこう。

A:もっと準備しておけば良かったっていう後悔感がすごい・・・じゃ、いきます。ひとつは・・・あ、事件名で、いいすか?

O:新しいな(笑)いいよ。

A:『弁当ひっくり返し事件』!

O:え、何?(笑)それいつの話?(笑)

A:先、次の事件名を言わせてください(笑)次が、『偽名を使っていたのを忘却した事件』(笑)

K:またすごいの出してきた(笑)え、偽名?ペンネーム?(笑)リアリティーあるな。

A:ひとつめは、前の仕事してた時に、仕出しの弁当があって、平積みされていた弁当があって。

K:あーーわかった。そういうことか。

O:えげつねえ(笑)

A:たまったま僕が通りかかったときに、机の足がゆるんでいて、弁当が「だーーん!」って全部ひっくり返ってしまって。そういうまずいことを起こしてしまった、っていう。もうひとつは、夜行バス使った時なんですけど、僕、偽名使ってたんすよ。

K:スパイか(笑)

A:フルネームで、あわがく、って言うと、あわがくさんですか?って、あわがく、を苗字と名前だって認識されないことが多くて。その説明がめんどくさくて、いつもふざけて、「たけしです!」とか答えてて。だから僕、なかのひろし、っていう偽名にいきついたんです。

K&O:(笑)(笑)

K:なんでよ(笑)なんで、なかのひろしなの?(笑)

A:これもともとあれなんすよ、僕の高校の時の現代文の先生の名前なんですよ。使いやすいなって思って。

K:頭おかしいな(笑)もう(笑)使いやすいってなんだよ(笑)

O:ぶっとんでる男ですから(笑)

A:Gmailアカウントとか、先生の名前でつくったりするんすよ。(笑)楽天は数学の先生とか。

O:一番やべえ奴だ(笑)(笑)

K:やばさしかねえ(笑)

A:で、夜行バスは、なかのひろしで登録してたんすよ。でも自分がなかのひろしで登録してたのを忘れてて。

K:え、これさ、嘘だったらそれはそれで、すんげえやべえやつじゃん(笑)

A:まあ聞いてください(笑)それで、偽名使ったこと忘れてて、「あわです」ってバスに乗るときに言ったら、「お客さまのお名前見当たりませんねー」って。「いや、ないわけない、予約したんだから!!」って、画面みせたら、なかのひろし、ってかいてて。で、偽名使ってたのがバレるっていう。意味もなく、添乗員につっかかっちゃいました。(笑)

O:ちょっと、これ、事件というより、それ以前に、あわくんがやべえよね。(笑)事件が全然事件に思えない(笑)

K:うん(笑)まあでも『弁当ひっくり返し事件』は、ないと思うなあ。

A:事件後は、非常に顰蹙を買った、でお馴染みっすね。僕的な基準だと、「食えるだろ」って思ったんすけど、「出せねえだろ」っていうので、またその分買ってきてもらって、大変恥をかいたっていう。

K:分かった、お前、これどっちも嘘だな?でたらめだな?

O:偽名はいつからやってんの?

A:高3くらいっすかね?

K&O:(笑)(笑)

K:犯罪歴が長すぎるよ(笑)

O:12年くらいやってんじゃん(笑)

A:友達も荷物とかで、なかのひろし宛てで送ってきたりするんすよ。で、弟が受け取るときに、「え?」って。

O:え、弁当はちなみに何弁当だったの?

A:幕の内弁当です。

K:そこは無難に答えたな。(笑)

A:飲み物も全部こぼれましたから。お湯とか、ポットとかも。

K:嘘つきだからホント。わっかんねえな。(笑)

O:んー、偽名エピソードじゃないっすか?

K:俺もじゃあ偽名。

A:正解は・・・『弁当ひっくり返し事件』です!

K&O:(笑)(笑)

K:え(笑)(笑)

O:まじで?!まってまって、じゃあ、なかのひろしのエピソードは何だったの?(笑)

A:高速バスで、予約が、っていうのは嘘です。

K&O:(笑)(笑)

A:なかのひろし、っていう偽名は、ファミレスとかでも使ってます。

K&O:(笑)(笑)

K:結局じゃあ、両方じゃん(笑)

A:だから、呼ばれても気づかなかったりするんすよ。レストランとかで。

K:やー騙されたねー(笑)こわいなーもう。(笑)

O:あわくんは危険だ。

K:闇が深い。(笑)

O:かわべさん、大取ってことで。どうぞ。

K:僕は高校時代のアルバイトのエピソードでいきます。ひとつめ。パン工場でアルバイトをして、騒いでいたら、不良に殴られました。

O:(笑)時代がね、そういう時代ですからね、かわべさん(笑)

K:はい、ふたつめ。ロッテリアで「サンキュー!」と言えなくて、バイト代をもらわずに辞めた。

O:え、どうゆうことっすか(笑)(笑)

A:かわべさんっぽい(笑)

O:質問いいですか?そのひとつめの、ヤンキーはどんなヤンキーだったんすか?

K:茶帯みたいな。中途半端な不良です。パン工場で一緒にバイトしてて。日給一万五千円とか。当時。

O:えー相当いいですね。

K:まあでもそんな不良がいて、わーって騒いでたら、殴られて。

A:まあそんな人はホントにいたんでしょうけど。(笑)僕はもう決めてますよ。ロッテリアかな?

O:うん、ロッテリアと思う(笑)学校でトラブった話とかをパン工場、っていう風にしてる気がする。

A:ファイナルアンサーで。

K:正解は・・・ロッテリア。

A&O:(笑)(笑)

K:わかりやすいでしょ?(笑)

O:どんくらい働いてたのを辞めたんすか?

K:一か月くらいじゃないかな?マニュアルにあるの、エビバーガー作ったら、「エビバーガーサンキュー!」って言わなきゃいけなくて。「エビバーガー!」だけじゃダメで、「エビバーガー、ワン!サンキュー!」って言わなきゃいけないのに、「エビバーガー」で止まっちゃって。言えなくて。恥ずかしくて。

A&O:(笑)(笑)

K:めっちゃ怒られたよ、店長にも女の子にも。後輩にも。「かわべ、サンキューって言えよ!」って。で、いたたまれなくなって、辞めました(笑)恥ずかしくて。挨拶を強要されるっていう、トラウマだよ(笑)

O:ヤンキーの話はじゃあ・・・?

K:うん、空手のチョップの人はいたんだけど、ヤンキーではなかった。茶帯の人はいたけど。

A:でも川辺さんが挨拶苦手な理由がちょっとわかりました。(笑)

K:そう、あれからトラウマ(笑)

A:じゃあ、最後にクロスメディアポーズつくっときますか!

3人だから作れる、新しいCMGポーズ(笑)

かわべさん、おおさわさん、あわさんありがとうございました!

3人のトークのリズム感、最高でしたね。(笑)

もともとおおさわさんとあわさんのお二人に依頼したのですが、いつの間にかかわべさんも巻き込んじゃおう!ということになり、今回の『恥めまして。』がより一層盛り上がりました。

ある程度恥をさらしてもらわないといけないので、少しお願いしにくい気持ちもあるのですが、あわさんに声をかけると「待ってました!」とばかりにのってくれたので、おおさわさんもかわべさんも喜んで加わってくれました。(と、私は勝手に信じています。(笑))

今回、初めて3人の参加ということで、人数が多いほどこの企画は盛り上がるのかな?と、思いましたが、この盛り上がりはきっと普段からの信頼関係が大事なんだなあ、と思いました。

こんな愉快で素敵な編集部の方たちと一緒に働けて、私は本当にラッキーだなあとつくづく思います。

『恥めまして。』今回も楽しんでいただけましたでしょうか?

次回もどうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です