【著者インタビュー】『サニーサイドアップの手とり足とりPR』著者吉田誠さんにきく、広報PR思考とは?〜Part 1〜

「たのしいさわぎ」をおこし続けているPR会社、株式会社サニーサイドアップ。2020年にはPR会社世界ランキング18位にランクインし、その勢いは国内外を問いません。

株式会社クロスメディア・パブリッシングは4/30『サニーサイドアップの手とり足とりPR』を出版。PR業界初とも言える、社内マニュアルを書籍にし、一般公開しました。著作チームの中心になったのが、PRプランナー・アカウントプランニング部部長で幅広い企業の広報・PR企画を立案してきた吉田誠さんです。

企業向けの広報セミナーなども数多く行っているPRのプロフェッショナルの吉田さんに、クロスメディアグループの「ひとり広報」濱中が、本書についてインタビューしてきました。二回の連載でお届けします!

(以下敬称略)


濱中:この度はサニーサイドアップさんのPR活動についての書籍を、弊社から出版することができ、本当に嬉しく思っています!また「ひとり広報」の私にとって、とても勉強になる内容です。

吉田:この本では、弊社が社内で大事にしている考え方や手法のほとんどを網羅しています。イベント時やロケの際のおススメなお弁当屋さんについてはカットしていますが(笑)

「ノウハウの少ない広報担当者の役に立ちたい」

濱中:「手とり足とり」というと、何から何まで丁寧に世話する、面倒をみるという感じがしますが、この本からはとても「手とり足とり」感が感じられます。

吉田:ありがとうございます。最近では企業の広報担当の方たちとSNSなどを通じて交流する機会も多いのですが、「一人広報なんです」とか「他の業務と兼任してやっています」という、少人数で広報を担当されているベンチャー企業や中小企業の方が多い印象です。ノウハウがほとんどない中で広報業務を担当しなければならないという声も多く耳にしました。PR会社はどうしても属人的な教え方になりがちなので、弊社の社内マニュアルを書籍化することで世の中の広報担当の方々にも役立ちたいと思ったのが本書をつくるに至ったきっかけです。広報活動の基本の基本というニュアンスも「手とり足とり」という言葉にこめています。

濱中:この書籍の基になったマニュアルは吉田さんが作られたのですよね。

吉田:私が中心で進めましたが、社内の各分野のプロにもかなり力を借りて作りました。PRってノウハウや経験を言語化しづらい部分も多いのですが、言語化できる部分や最低限の決まり事は全員で共有した方が業務や育成の効率化にもつながるだろうと思ったのが、マニュアルを作ろうと思ったきっかけです。サニーサイドアップは「楽しい」の価値をとても大切にしていて、各メンバーがそれを強く意識していますが、その土台としてこのマニュアルがあれば、より個人のスキルが上がっていくのではないかなと思いました。

濱中:吉田さん自身が「手とり足とり」尽くすタイプなんですね。

吉田:そうなんですかね(笑)割とサニーサイドアップは「とにかく楽しいアイデア出そう!」っていう右脳タイプが多くて、自分は物事を整理して、論理的にで「正しい」アプローチをしていくタイプなので、「楽しい」と「正しい」がハイブリッドしたら最強だなと思っています。

濱中:吉田さんが左脳の機能を果たしてるのですね。でも企画などクリエイティブなお仕事もされているようですね。

吉田:はい。企画は左脳的アプローチが基本で、その上にどれだけ「楽しい」の要素を乗せられるかだと思っているので、良いバランスで仕事できています。

「世の中に情報を「広める」側になりたい」

濱中:吉田さんの入社のきっかけについてお聞きしても良いですか?

吉田:元々セールスプロモーションの仕事をメインにやっていて、イベントやキャンペーンを制作する会社にいました。とあるイベントの制作をしている時に、PR会社の方がいらっしゃって、自分が制作したイベントをそのPRの方たちがうまく広めているのをみて、広める側になりたいと思って。たまたまその時お世話になっていた上司がサニーサイドアップで働いていて、誘ってもらったんです。「世の中におもしろい情報を広めたい」という思いが強かったので、それがサニーサイドアップでならできると思って入社しました。

「広報PRの目的は認知拡大だけではない」

濱中:広報は関係性づくりが仕事ですが、目に見えない「関係性」をどうやって吉田さんはとらえるのでしょうか。

吉田:PRという考え方がよりスピード感を持って広がっていったのが10年ほど前頃だと思います。当時は手法としてのPRという認識が強く、「広告と違って比較的費用を抑えて認知拡大を狙う手法」という捉えられ方をしていました。それが今は世の中や顧客との関係性を作り、商品やサービスのファンになってもらう。それによって、購入につなげていくところまで狙っていくのがPRの役割として置かれることが当たり前になってきました。「ファンになってもらう」までいかなくても「何か気になる」「興味を持ってもらう」でも関係性作りの入り口として成立していると思います。

濱中:効果測定はどのようにしていますか。

吉田:売り上げだったり、SNSの反応だったり、そこはクライアントの方次第ですね。色々な側面で効果を上げるために、サニーサイドアップではあらゆる手法を使って生活者の方と接触していくようにしています。でもここで大事にしているのが、単に「この商品とても良いですよ」ではなくて、「この商品、いまのあなたにとても良いですよ」っていう風にコミュニケーションしていくことです。「あなたに合ってますよ」っていう伝え方をしなければ自分事にしてもらえない。質の高い情報をつくるのがPRパーソンにとって重要なことなので、「この○○はあなたに最適だよ」っていう物語をつくるのが私たちの役割です。

濱中:商品が受け身じゃなくて、必要としてる人達のところへ自ら歩み寄ってきてくれる感じですね。

吉田:なんでもかんでも情報を出せば言いわけじゃなくて、生活者にとって本当に価値のある情報を発信しなければならない。事実の伝え方だったり、物語の作り方で商品に付加価値を与えて、発信することが大事です。

(Part 2 に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です