プライドマンスに向き合おう

クロスメディアグループは社員のパーソナリティを尊重し、それぞれのもつカラー、個性を大切にしている会社です。

6月はプライド月間(Pride Month)ということで、今日はLGBTQ+のアライ(Ally)について少しお話したいと思います。

最近は世田谷区が同性カップルの事実上の婚姻関係を認めたなどで、日本でもかなり日常で目にするようになったLGBTQ+ですが、なぜ6月がプライド月間なのかはみなさんご存知でしょうか。

1969年6月28日にニューヨークのゲイバーで、ストーンウォールの反乱というセクシャルマイノリティの方達がジェンダー差別をする警察に対して暴動を起こしました。6月がプライド月間といわれるきっかけは、その暴動を皮切りに各地でLGBTQ+の解放運動が盛り上がっていったからです。

現在では、6月にはアメリカを中心とした世界各地でLGBTQ+のパレードなどが開催されています。

以前大阪でプライドパレードを偶然見かけました。日本でも、規模はさまざまですが、そういったパレードはあるみたいですね。

また最近は企業のSDGsへの動きが活発なので、街を歩いているとデパートやオフィスにプライドを象徴するレインボーフラッグを掲げているところもいくつか目にはいりました。️‍

昨今では、LGBTQ+と一緒に「アライ」というワードもよく耳にするようになりました。

アライ(Ally)とは直訳で「味方」という意味です。つまり、LGBTQ+に対して理解、応援する人達のことを示します。

LGBTQ+に属していなくても、アライにはなれます。

ただ、「アライってなにするの?」などよく聞かれますが、アライの第一歩は知ることだと思います。

書籍『13歳から知っておきたいLGBT+』(ダイヤモンド社)は情報の専門性と信頼性を兼ね備えているので、とても勉強になりました。当時はLGBTQ+の本も限られていたのですが、今では漫画ベースでわかりやすくまとめてくれている本もあるので、そんな本もおすすめです。

みなさんの周りではどうでしょうか。

もし同僚や上司、部下または家族にLGBTQ+の方がいたら、もしくはもうすでにカムアウトされていたら、その方たち対して、無意識な偏見を振りかざしていないでしょうか。

この投稿をここまで読んでくださったあなたはもうアライです。

プライド月間をきっかけに、LGBTQ+について少し考えてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です