• HOME
  • BLOG
  • すべて
  • 【SOCIAL VALUE × CROSSMEDIA】第1回『社会価値が企業の価値を決める時代』

【SOCIAL VALUE × CROSSMEDIA】第1回『社会価値が企業の価値を決める時代』

広報の濱中です。

『Social value × Crossmedia』では、クロスメディアグループの「社会価値」に対する考えや想いについてお話ししていきます。

今回は、クロスメディアグループがとらえる「社会価値と社会の動向」についてお話ししたいと思います。

新しいビジネスの潮流

どの企業も売上や利益を上げることを前提に経営しています。

そのための絶対条件として、顧客にとって価値ある商品・サービスを提供する必要があります。そして、顧客への提供価値を高めるためには、共に働く仲間が意欲を持って働き、価値的な活動ができるような経営が求められます。

一方で、近年では、企業価値や株主価値とともに「社会価値」が重視されるようになっています。これは「社会に対してどういう価値を与えることができているか」ということで、今後さらに企業に求められることです。

ESG、SDGs、CSR、CSV、サステナビリティ…と、当社でもこのようなテーマを扱う書籍をたくさん出版しています。社会価値に関するいろいろな言葉が次から次に生まれており、社会のリーダーたちも注目しています。

社会価値という考えは、大企業や余裕のある企業だけが考えることだと思われがちですが、今後はすべての企業が考えていかなければならないビジネスの潮流といえるでしょう。

言語化能力を活かして「社会価値」を生む

クロスメディアグループはビジョンとして「メディアを通じて人と企業の成長に寄与する事業を行い、社会に新しい価値を提供する」を掲げています。このビジョンで、社会のために価値を創造・提供し続けることで、企業として成長・拡大していくことを示しています。

「たくさん利益を出してたくさん納税をすること」「成功をして資産から多額の寄付を行うこと」が社会貢献と考える傾向性もまだまだ残っているのも現状です。

だからこそ、私たちクロスメディアグループは「社会に貢献しつつ利益を上げるビジネスに自社がなっているか」を基準に社会価値について考えていく重要性を感じています。「今年は儲かったから寄付をする」という場当たり的な行いではなく、「社会貢献をし続けながら儲ける」といった、継続的に社会への価値提供をしていく企業を目指していきます。

社会価値の高い会社が生き残っていく時代です。さらなる成長のために、私たちの社会価値を言語化し、デザインして、積極的に発信していきたいと思います。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。