【社長の四方山話】営業力

最近、「伝説の営業パーソン」と言われる方々と仕事をすることが増え、そこからいろいろと学んでいます。

「伝説の営業パーソン」というと、出版企画の売り込みもあり自称の人が多いのですが、本当の「伝説の営業パーソン」は、誰もが理解できる実績と顧客、同業他社からの評価、そして過去、現在の同僚や部下からの評価がおしなべて高い人です。こう書いていると、これは決して「営業パーソン」だけではなく、すべてのビジネスパーソンが目指すべき「プロフェッショナルの世界」だと思います。

あらためて言うまでもなく、ビジネスにおいて営業という仕事は最も大事です。成長している会社で営業力が弱い会社を見たことがありません。業種や職種の境界線が曖昧となり、誰もが情報発信できる時代において、営業職ではなくても誰もが営業力を身に付けるべき時代になっているのだと実感しています。

強い野球チームはどの打順からでも点が取れ、強いサッカーチームはどのポジションからでも点が取れます。クロスメディアグループも、部署関係なく、誰もが「売れる人」になり、強い会社を目指していきたいと思います。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。