『SEO対策の新常識であるトピッククラスターモデルとは?』

こんにちは。クロスメディア・マーケティングでマーケティングを担当している水上です。

私は、普段の業務として、クロスメディア・マーケティングのマーケティングブログの運営を担当などをしています。そこでの学びを、みなさんにご共有させていただきます。

早速ですが、本日は、SEO対策の新しい手法である「トピッククラスターモデル」についてお話したいと思います。

みなさんは「トピッククラスターモデル」をご存知でしょうか?

「トピッククラスターモデル」とは、トピックやテーマを中心に、ブログなどのサイトコンテンツを構成していくSEO戦略です。この施策を行う事で、Googleから設定したトピックに関連する記事も評価されるので、効率よく検索上位を狙うことができます。

トピッククラスターとは

トピッククラスターは3つの要素から構成されています。

・ピラーページ:中心となるトピックやテーマ
・クラスターページ:ピラーページの個別詳細記事
・内部リンク:ピラーページとクラスターページを繋げる

トピッククラスターの仕組みは、ピラーページである「ダイエット」という大きなキーワードトピック記事から、クラスターページである個別詳細記事に内部リンクを添付し、全体の評価を向上させるというものです。

ピラーページにクラスターページに含まれるキーワードを網羅することは、どうしても難しいので、ピラーページはまとめ記事として、テーマについて浅く広く執筆し、より細かいテーマの詳細記事はクラスターページに、キーワード対策を含めて作成します。こうすることで、ひとつの「ダイエット」という大きなトピックに対して、余すことなく関連キーワードをカバーしていくことができます。

また、トピッククラスターを用いることで、サイト内コンテンツが整理され、記事コンテンツの重複も防ぐことが可能になります。コンテンツの重複を防ぐということは、サイト内で順位を競ってしまう事故も予防でき、コンテンツ制作の効率化も見込むことができます。

マーケティングご担当者の方は是非、「トピッククラスターモデル」をSEO対策として導入してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。