会社全体でコンテンツ作りをする

こんにちは。クロスメディア ・マーケティングでマーケティングを担当している、鈴木です。今回は、「コンテンツを作り続けるためのコツ」をご紹介します。

それは、会社全体でコンテンツ作りを行うことです。

今この記事を読んでいる方の会社のマーケティング担当者は何人でしょうか?当社は4名体制です。多くはないですが、担当をわけて、WEB記事を作成したり、セミナーを企画したり、サポートなど行っています。

ですが、個々人がコンテンツ制作だけに打ち込んでいるわけではありません。少ない人数でのコンテンツ制作は、内容が似通ってきたり、担当者が疲弊してきたりするため、継続が難しくなります。

その中で重要なのが、「会社全体をコンテンツと捉えること」です。担当者一人では思いつけなくても、会社全体を見渡すことで社内に引き出しがたくさんあることに気づくはずです。

たとえばこんな切り口を考えることができます。

・トップ営業マンに聞く、営業の極意

・総務部さんオシエテ!縁の下の力持ちインタビュー

・知られざる社長の日常

・カスタマーサクセスの紆余曲折

不思議なもので、「タイトル」をつけるとコンテンツを作り込んでいくことができたりします。(個人差アリ、です。)

このように、他部署の仕事や日常ですらコンテンツになっていくので「会社全体でコンテンツ作り」を行うことはとても重要です。

当社の場合、通常業務で忙しい社内の人に協力してもらうために、まずは企画の趣旨を説明します。その際には会社貢献のメリットをしっかり伝えることが大切です!

その後の実際のコンテンツ制作の場として、

・該当者にインタビューを行う

・該当者に実際に文章/資料を作ってもらう

の2通りでコンテンツを生み出しています。

私たちは、自社のためにもクライアントのためにも、各社員がコンテンツを制作しています。いま、とくに注目されている「コンテンツマーケティング」にご興味がある方は、ぜひ「会社全体でコンテンツ作りを行うこと」を意識してみてください。

また、コンテンツ制作のプロに一度ご相談いただくことで、参考になることもあるかと思いますので、お問い合わせもお気軽にご連絡ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です