顧客の考えを徹底分析!5つのForce(脅威)を知ると、顧客の思考が浮かび上がる!【社内勉強会】

クロスメディアグループでは、著者で弊社アドバイザーの講師をお迎えして全スタッフで社内学習会を行っています。クロスメディアグループ全員でマーケティング思考を身につけ、顧客志向の組織を目指していきます。

本学習会では「顧客・マーケティング」をテーマに、部署や役職関係なく、基礎からマーケティングを全員で学び、考え、仕事に活かしていくことを目指します。

本日はその第4回で、前半は前回の振り返りとして「PEST分析」ワークシートの分析結果を共有し、後半は「5F分析」について講師の先生にレクチャーしていただきました。

<第4回のポイント>
・PEST分析では、それぞれの分析要素と導き出した仮説がしっかりとつながっているかを確認する
・誰もが考えそうなことではなく、その顧客ならではの思考を含めるように意識する
・5F分析はファイブフォース分析といい、5つの脅威である「顧客の既存競合」、「顧客の将来競合」、「顧客からの買い手」、「顧客への売り手」、「代替品・サービス」を分析するもの

参加したメンバーからは、たくさんの前向きな感想と今後の意気込みをもらいました。一部、ご紹介します。

前半の振り返りのPEST分析で他のメンバーが考えている視点は、自分にはない視点も多数あったので、非常に参考になりました。

(プロジェクトマネジメント室のメンバー)

すぐに実践で使える分析フレームの最高に明解なワークショップだと思います。

(営業部のメンバー)

自分が興味のある企業やサービス、新聞や雑誌などで目にする企業やサービスをPEST分析の視点で普段から考えてみようと思いました。それが積み重なっていくと各業界、分野のビジネスがどのような構造になっているかも見えてくると思う。

(営業部のメンバー)

顧客からヒアリングした内容をもとに、提案を考える…という日々でしたが、課題はみつかっても自身ひとりのちからでは解決できない内容だと感じ始めてから、その先に進む方法がわからず、仕事のやりがいや面白さまでもが薄れていたところでした。わたしにとって仕事とは、元来めんどくさがり屋でメリットがイメージできないと動けない性格なので、どうせやるからには課題解決、価値の提供、それによって会社も顧客も勝つ、稼ぐ、会社も自分も成長する、を実現したかった。今回、政治、経済、テクノロジー、社会情勢と4つのキーワードから顧客の課題をみつめなおした際、社内のリソースを使うことが必須と再認識できたことがとてもよかったです。決意が固まった気がします笑 次回の講義でさらに深堀し状況と課題を言語化し、社内・社外への仮説・提案につなげていきたいと思います!

(営業部のメンバー)

競合は同業だけではなく「価値が同じもの」を考えるという考え方が目から鱗でした!

(出版事業部のメンバー)

PEST分析ではついつい自分の頭の中で考えてしまいがちでしたが、なぜそうなったのかを考えてみると、もっとPESTのそれぞれの要素に関する情報収集が足らなかったのかも、と思いました! 一連のフレームワークがつながっていくのがとても楽しみです。 次の5フォース分析もよろしくお願いします!

(プロジェクトマネジメント室のメンバー)

皆さんの話を聞いて、日常の心がけや気づきの 積み重ねの先にUSPはあるんだなと感じました。また、家族を顧客に見立てたPEST分析の話は、 新鮮で面白かったです。

(営業部のメンバー)

フレームワークを使う意義は、自分の普段の視点や思考から飛び出して考えられる機会になることです。5F分析もそれを意識して取り組んでみたいと思います。

(経営企画室のメンバー)

前回と今回の講義を聞いて、 自分自身、ターゲットに対するPEST分析を行う際に、 まず「自分の仮説(バイアス)ありき」で外的要因を考察(捏造?)してしまいがちだな と気付き、学びが深まりました。 今後分析をする際は、より明確なターゲットやペルソナを設定して、 新しい視点を得るための手段として活用していきたいと思います。

(編集部のメンバー)

クロスメディアグループ全員でマーケティング思考を身につけ、顧客志向の組織を目指していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です