• HOME
  • BLOG
  • すべて
  • コンテンツマーケティングとは?【メディア制作の現場から】

コンテンツマーケティングとは?【メディア制作の現場から】

こんにちは!クロスメディア・マーケティングの水上です。

今日は、私も普段従事しているビジネスブログによる『コンテンツマーケティング』についてのお話をしていきたいと思います。

コンテンツマーケティングとは、将来顧客となるターゲットにとって価値のあるコンテンツを制作し、発信することで、潜在顧客を顕在顧客や見込み顧客までに育成させ、会社のファンを増やすマーケティング手法です。

そんなコンテンツマーケティングですが、なぜ企業にとって重要視されるようになったのでしょうか。

それは、商談に至るまでの顧客の行動変化にあります。

インターネットの普及により、ネット上にはさまざまな情報が溢れ、欲しい情報も検索したらすぐに知りたい情報が得られるような社会になりました。これにより、顧客自身が欲しいモノやサービスについて積極的に情報収集をして、必要なサービスか否かを判断することが当たり前になりました。

このような行動変化により、今まで当たり前に行っていた、テレビCMのようなマス広告やテレアポ型のセールス、DMの配布などの「売り込み型」のマーケティング手法は、好まれなくなってきたのです。

受け手側からすると、必要であれば自分で調べて問い合わせなり何なりするので、「売り込み型」のセールスをされると、「今必要ない、邪魔」「忙しいのにやめてほしい」などかえって顧客に不快な感情を抱かせてしまうリスクがあるのです。

では、コンテンツマーケティングのメリットは何なのでしょうか?

考えられるメリットは以下の4つです。

1広告費を抑えることができる

会社が運営するブログサイトのコンテンツを制作することで、記事が蓄積されていき、人気な記事ができるとサイトのPV数も増加します。わざわざネット広告でお金を払わなくても、自社のサイトのパワーだけで、多くの閲覧ユーザーを獲得することができるのです。

2専門性が認められる

ビジネスブログに情報価値のあるコンテンツを投稿し続けることで、その業界やサービスについての「専門性」が認められるようになります。

3ファンを創出することができる

ブログのみでファンを創出することは難しいかもしれませんが、メルマガやセミナー、イベントなどのコンテンツと掛け合わせ、顧客との接点を多く作ることで、会社のファン獲得も見込むことができます。

4拡散性が高い

いいコンテンツは見つけた人が、同僚や後輩にメールやSNS等で拡散をしてくれます。また、戦略的に企業SNSを活用して制作したコンテンツを投稿することで、広告を使わずに拡散を狙うことができます。

コンテンツマーケティングを実施するうえで重要なのは、「価値のあるコンテンツ」を伝えることです。読者にとって価値のない記事は、次の読者のアクションに繋がらず、せっかくブログまで来てくれたのに機会損失になってしまいます。また、価値あるコンテンツを継続して発信していくことで、会社の信頼性が蓄積され、いつか顧客がサービスを必要とした時に、大きなアドバンテージとなるでしょう。

                      

  

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。