• HOME
  • BLOG
  • すべて
  • 【インターン生ブログ】やっと出会えた「働いてみたい会社」。東京本社でのインターンシップを志望した理由

【インターン生ブログ】やっと出会えた「働いてみたい会社」。東京本社でのインターンシップを志望した理由

初めまして、神戸大学人文学研究科、ロシア出身のダリアといいます。本日から5日間インターンシップ生として、クロスメディアグループの本社でお世話になります。

本日より、インターンシップで得た学びをここに綴っていきます。まずは私とクロスメディアグループとの出会いについてお話したいと思います。

就職活動がうまくいかない日々

日本に来てから、日本の就職活動の特徴について様々なことを聞き、とても大変そうだという印象をもち、できるだけ早く始めたほうがいいと思いました。日本で仕事をすることが私の夢なので、大学院に入学したのとほぼ同時にあらゆる企業の情報収集を始めました。

しかし、マイナビをはじめとした日本人なら誰でもが知っているような就活サイトに登録しましたが、そこからはなかなか前に進みませんでした。どの会社がいいのか、仕事の内容か、一緒に働く人か、年収など、どこを重視したほうがいいのかも分からず、悩んでいました。そこで留学生の友達がバイリンガル向けの就活イベント(京都キャリアフォーラム)について教えてくれました。そのイベントをきっかけにクロスメディアグループに出会いました。

クロスメディアグループとの出会い

クロスメディアグループに興味を持った大きな理由は、やはり読書が趣味で、書籍づくりをしているというところに惹かれました。また、最近健康的な生き方、マインドフルネス等にも興味をもっているので、クロスメディアのアクティブヘルス事業がとても魅力的に思えました。

イベント開催前にもオンライン企業説明会が行われていたため、まずはそこに参加させていただきました。そこでクロスメディアがこれから海外事業部を本格的につくっていくと聞き、「クロスメディアなら自分の言語能力と海外経験を生かせるとともに、趣味を仕事にできるのではないか」と思い、とてもワクワクしてきました。

イベント開催当日、小早川社長と広報の濱中さんにも直接お話ができて、自分の関心がより高まりました。

前にも述べたように、かなり早い段階で就活を始めたこともあり、次のステップとしてインターンシップに参加できる企業を探していました。留学生の私には(帰国する予定がないので留学生とは言い難いですが)、オンラインの説明会に参加するだけでは会社のことが分かりづらく、仕事のイメージも沸きにくいです。また、ネイティブレベルの日本語ではないため、自分の良さもアピールしにくいと感じました。なので、インターンシップに参加することで、仕事内容や会社の事をより深く知りたいと思いました。

このような思いで、クロスメディアグループに対しても「2024卒で、入社は先になりますが、とても御社に興味があるので、インターンシップを実施する予定はないですか?」と率直に濱中さんに聞いてみました。そこでインターンシップの計画を一緒に考えることになり、今に至っています。

東京本社でのインターンシップを志望した理由

神戸から東京都渋谷区の本社に実際に来させていただき、広報の濱中さんの隣でこの記事を書いていると思うと、嘘のようです。

もともと日本での就活をするにあたって、東京のほうが会社の選択肢も圧倒的に多いし、海外事業をやっている会社が多いと聞いていたこともあり、東京に短期インターンで行くことができるチャンスをもらえて嬉しかったです。

実際に社内の雰囲気も掴むことができるし、自分がその雰囲気に合うのかなどのも分かるだけでなく、自分が東京で働くということをただ頭でイメージするのではなく、実際に体験できるのはとても素晴らしいと思いました。

今の気持ちと意気込み

濱中さんのおかげで、とても充実な5日間になりそうです。社内ツアーしていただきましたが、どのフロアや部署の人をみても、仕事に熱心な人しかいないと思いました。そして、本が色んなところに置いてあるのも、とても気に入っています。

インターンの内容に関しては、社内でやることと、会社の外へ出て社員さんに同行させてもらう機会いただいていますので、インターンとしてとてもラッキーだと思っています。マーケティングやコンサル営業の仕事を体験したり、書店営業の見学をしたり、自分でブログの記事も書いたりして、様々な側面からクロスメディアのことを知ることができると思います。自分がやりたいことがあれば自由にそれを伝えることができるので、自分の希望や期待に合うようなインターンシップになりそうです。

初日の感想

濱中さんに同行して、朝会や会議などに参加させていただき、クロスメディアの一日を覗き見できました。また、部署が違っても、社員さんの間の交流もとても自由で、お互いに助け合ったりしているようなので、新卒で入っても安心して働けると思います。

また、ベテラン編集者の川辺秀美さんに一対一で、編集者の仕事について教えていただきました。編集という仕事そのものと、クロスメディアでのやり方や、書籍づくりのための調査方法や、どの本が売れるのか、編集に向いていると向いていない人など、様々なことを学ばせていただきました。

この一週間、とても楽しみですが、軽い心で社員の方々と交流するつもりはありません。せっかくやらせていただく業務や新しい環境を楽しむだけでなく、有意義なインターンシップにしていこうと思っています。自分がもしクロスメディアに入社できるとすれば、どの部署の仕事がいいのか、どこで一番貢献できそうなのか、本格的に考える機会にしたいと思いますので、将来のこともしっかりと念頭に置いてインターンシップを頑張ります。

クロスメディアグループの皆さん、今週一週間、どうぞよろしくお願いいたします!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。